MS66V:さらにシャーシーブラック剥離中

0

先週に引き続き手持ちの電動工具をすべて使って過去に塗り重ねられて、年月を経て劣化したシャーシーブラックを剥がしていきます。

足回りに飽きたらフレームにも手を付けます。

さらにミッションメンバーにも手を付けていきます。

まだまだカスがいっぱい出ます。

サビ転換剤を塗って、その上から新たにシャーシーブラックを塗装できる程度のケレンにとどめておきたいが、作業しているうちに完璧に塗装を剥きたくなってくるので加減が難しい。

あと、エンドブラシの消耗が激しい!コストがかかる。。。。

主観的難易度:★☆☆☆☆(全剥きは我慢する!)

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
下回りの清掃 ←いまここ
 ↓
油漏れ修理
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました