クジラクラウンバン(MS66V)

クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:オイル漏れの修理でオイルシール交換

今日はオイル漏れ修理をテーマに作業してみることにしよう。 まず、ステアリングギアボックスから。セクタシャフトのシール不良でオイルが漏れいる。その下のフレーム周りがオイルとホコリでコテコテになってて清掃にとっても苦労した。 まず...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:ロッドエンドのブーツ交換

先週にブーツを注文しておいたので交換。亀裂が入って破れてしまっているモノは当然ですが、経年劣化で弱っているので亀裂が無くてもブーツは全交換する。 洗浄して、 左が新しいブーツで、元々ついていたものよりも直径が大きい。グ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:ラジエータの仕上げと、こまごました部品の塗装

ラジエータの漏れ修理は完了しているので塗装をして仕上げたい。 最後に、漏れ修理のために切り刻んで外した補強のステーを修理する。見栄えは純正と同様にしたい。 切った分だけ部材を継ぎ足して溶接。 さらに、ラジ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:こまごました部品の仕上げ

前回の作業でラジエータの修理の目途がついたので、ほかにサビや修理の必要がある部品がないか見渡したところ、リアナンバーフレームがサビサビ。 ナンバーの後ろにスペアタイヤを吊っているワイヤーの巻き上げノブがあるので、このクルマのリアナ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:もっとラジエータの漏れ修理

前回、修理したところじゃないところからの漏れを発見した。なので、それを修理する。 ラジエータ全体が劣化しているので、修理しても次の弱いところが明らかになるだけで無間地獄になる可能性が高い。でも、分かっているけどやめられない! ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:またまたラジエータの漏れ修理

ラジエータのサイドタンクに見つかった亀裂を修理する。 亀裂が大きくてハンダで埋めただけでは強度的に不足することが前回の作業で分かったので、今日は真鍮の薄板を当てながらハンダ付けを試す。 まず、ハンダのくっ付きをよくするために、...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:ラジエータの漏れ修理

前回、ラジエータのドレンソケット周辺から水が漏れていることを確認したので、今日はどうやって修理するかを考える。 状況を確認するためドレンプラグをいじくっていると、サイドタンクに大きな亀裂が複数あることが分かった。 患部...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:ラジエータの漏れ確認

今日はあんまり作業時間が取れないですがなんかやります。 そろそろ組み立ての段取りをする必要があるので各パーツのチェックをします。前から気になってましたがラジエータは少しづつ漏れているようだったので水を入れて確認。 左下...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:サビたパネルのドブ漬けの結果は?

先週に サビたパネルをサビ取り液に漬け込んだ。1週間たった結果を確認する。 CNSベベルでも取り切れないクレーター状に残ったサビもキレイに落ちている。 サビ取り液の液面上に出ていた部分は当然ながらサビは除去できていな...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:もっとパネルのサビ落とし、そしてドブ漬け

先週に引き続きこまごましたパネルのサビ落とし。 どうしてもクレーター状に残ってしまうサビをケミカル的に除去したい。サビ取り液にドブ漬けしたいので桶が必要なんだけど、割と大きなサイズのパネルも浸漬したいので市販のケースでは物足りな...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:またまたパネルのサビ落とし

先週に引き続きこまごましたパネルのサビ落とし。 ワイヤーホイールでいくら擦っても落ちないサビをケミカル的に処理するために、サビ転換剤やサビ除去剤を試してみたが、処理後の表面をグラインダーで擦ると茶色い錆が現れる。 サビ層が厚くてケミ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:こまごましたパネルのサビと汚れ落とし

先週は台風で休んでしまった。今日は雨がパラついて天候が良くないが作業の遅れを最小限にするため頑張る。 下回りのレストアのために取り外したパーツのサビ落としに取り掛かる。どこのパネルだったか忘れてしまったが、おそらくフロントインナーフ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:ステアリンクリンケージの塗装

いろいろ用事があってレストア時間が取れないのですが、少しでも作業を進めたい。前回にサビ落とししたステアリングリンケージにシャーシーブラックを塗るくらいはやっておく。 主観的難易度:★☆☆☆☆( 時間が足りない! ) ...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:デフからのオイル漏れ確認、ステアリングリンケージのサビ落とし

前回、デフからのオイル漏れ箇所の確認のためデフキャリアを清掃、一週間を置いて漏れを箇所を確認。のはずであったが、漏れた形跡が見当たらない。床面にシミを作るためには数か月の時間がかかるっぽい。なのでオイル漏れはほぼ無いと考えることにしてシー...
クジラクラウンバン(MS66V)

MS66V:デフキャリアの清掃とオイル漏れ確認

デフのオイル漏れの修理のため漏れ箇所を確認する。 オイルと泥とホコリでコテコテにコーティングされていたのでステッカーはがしのスクレーパーで汚れを除去。そしてオイル漏れ箇所を確認する。 清掃中のオイル汚れの様子からはデフ...
タイトルとURLをコピーしました