MS52:サビ穴修理-その0

0
今日は夏休みで会社は休み。
子供は学童保育に預けているので久しぶりに自由時間ができた。
雨も降ってないので前々から気になっていたサビ穴をどうにかします。
今日は「その0」編として、浮いた塗装を剥がして現状把握し対応を検討します。
うちのクラウンには塗装がプックリ浮いた部分がいっぱいある。
上下左右前後、すべての面にある。
このまま放っておくとサビがどんどん進行するので、思い切って塗装をむいてみます。
ドア下

ドア中

リアタイヤ後ろ

思ったとおりサビ穴が開いており、ドアの下、リアタイヤの後ろが酷いことになっています。
ドアの中もサビだらけ、バックドア、屋根の後方などもいっぱい穴があります。
このクルマ、新車時は緑、その後に薄いグリーンのメタリック、そして現在の黒と2回塗り替えられたようです。
サビの酷いところにはパテもいっぱい入ってました。
う~ん、穴をふさいでチョイチョイという感じでは直りそうに無いし、
最終的には旧塗装を剥がして色を塗り替えたいので計画を立ててじっくり取り組むことにします。
毎日乗るクルマだし、時間も限られるのでパネルごとにサフェまで仕上げて、最後に全塗装という流れかなあ?
いつまでかかるかなぁ?
今日はすごく暑いので塗装を剥いたところにPOR-15を塗って、黒いビニールテープでボロ隠しして終了。
POR-15を塗ったところのサビは止まったと思いたい。。。。
主観的満足度:★★☆☆☆(塗装を向いたことで一歩前進したような気がするものの、サビの多さにうんざり)
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました