AT141:4A-Gプロジェクト・・・スタートしたが、、、

予告から2年近く経ってしまいました。

MS66VクジラクラウンバンのレストアやTE27スプリンタートレノのカーベキュー製作がひと段落したので、いよいよエンジンの製作にかかります。

今回のエンジン製作にはいろいろ考えるところがあるけども、ヘッドは92後期の16バルブを使う予定で、カムとかシムとか今までに蓄えた資産を活用することに。腰下は手持ちのエンジンからAE101の20バルブを組み合わせることにする。

取り急ぎ腰下のベースを準備しよう。
十数年間、ビニールシートにくるんで保管(放置)していた20バルブ4A-Gエンジンを引っ張り出してきます。アルミも鉄もサビまくってます。

やばそうな予感がしますがバラします。途中でクランクが回らないことも発覚。

なんと3番シリンダーに水が溜まってました。水を吸い取って状態を確認したが、シリンダーが激しくサビている。

オーバーサイズピストンを入れるつもりなのでシリンダーはボーリングするけども、切削しろ以上にサビている?

スタートからこれはまずい!

<Summary for overseas visitors>

I have been riding an AT141 CORONA Hardtop that is an old Japanese car produced by TOYOTA. AT141 has the 4A-GE engine. I started a project making new 4A-GE. In this post, I took a note of records such as disassembling a 20 valve silver-head.

主観的悲観度:★★★★★(どうすんのこれ!)

<備忘録>
・このブロックは使えるのか?
・せめてクランクは使いたい。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました