MS66V:自走に向けて・・・エンジンの汚れ落とし

自走に向けて修理してきた部品を組付けしたい。が、ラジエータなどを取り付けてしまうと作業がしにくいので、その前にまずエンジンルームをキレイにしておく。

エンジンは油とホコリでこってりとコーティングされているので、、、

引き揚げてきた時のエンジンルーム
引き揚げてきた時のエンジンルーム

手っ取り早くスチームをかけてしまいたいけど、やみくもにやって調子が悪くなっては困る。シリンダーヘッドよりも下側ならエンジンブロックがあるだけでスチームをかけても問題いと思うので、ヘッドから上側だけは手作業で清掃することにした。

洗剤をかけてひたすら手作業で磨いた結果、 こってりしていたプラグホール回りもキレイになったよ。でも、指がしんどい。

こってりしていたプラグホール回りも キレイに

真っ黒にコーティングされていたインテークマニホールドもクリーンに。こだわればいくらでもキレイにしたくなるけど、最速の公道復帰を果たすためにこのへんで終了としましょう。

真っ黒にコーティングされていたインテークマニホールドもクリーンに

あと、いまのうちにサーモスタットを交換しておこうと、ウォーターアウトレットを取り外すと冷却水のカスがてんこ盛り。

サーモスタットを交換しておこうと、ウォーターアウトレットを取り外すと冷却水のカスがてんこ盛り

これも掃除機で吸い取ってワイヤーブラシで磨いておきました。

あと、細々した部品を磨いて組付けに備えます。

今日はここまで。

<Summary for overseas visitors>

I have been restoring MS66V CROWN Van that is an old Japanese car produced by TOYOTA. S60 series is known as ‘KUJIRA’ among Japanese fans. It is the fourth generation of crown families, sold in 1971 to 1974 in many countries. In this post, I took a note of records, such as cleaning the engine and so on.

主観的難易度:★☆☆☆☆( 地味な作業ですがひたすら時間がかかる。 )

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離
 ↓
サビ転換剤の塗布
 ↓
シャーシーブラックで塗装
 ↓
油漏れ修理 
 ↓
こまごました部品の仕上げ ←いまここ
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
タイロッドのブーツを注文

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました