MS66V:秋のマフラー祭!

0
稲刈りも終わってすっかり涼しくなり、秋祭りの時期になりました。
作業場にいてもお神輿を担いで回っている声が聞こえます。
なので、今日はマフラー祭!
細いサイレンサーを組み立ててマフラー再生作業を終わらせたい!
廃マフラーを切断して取り出したパンチングメタルの筒を用意して、

グラスウール

を巻きつけ。チクチクするのが嫌なので長繊維グラスウールを選択。
細い針金

でしっかりと縛る。線径0.7mmくらいがちょうどよいと思う。

溶接して、溶接跡をグラインダーで整えて、ようやく完成の目処がついた。

今日はここまで。
あとは塗装して完成に持ち込もう。
主観的難易度:★★☆☆☆(作業工数からこのマフラーの価格を算出すると恐ろしい金額に!)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3

エンジン始動

ブレーキ周り、サスペンションの状態確認

レストア方針検討

マフラー修理←いまここ

パーツ調査、手配

部品交換

登録検査

公道復帰
<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある
<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました