MS66V:ロッドエンドのブーツ交換

先週にブーツを注文しておいたので交換。亀裂が入って破れてしまっているモノは当然ですが、経年劣化で弱っているので亀裂が無くてもブーツは全交換する。

洗浄して、

ブーツを外して洗浄したタイロッドエンド

左が新しいブーツで、元々ついていたものよりも直径が大きい。グリスがたくさん詰められる。

新品のブーツと劣化して亀裂が入ったブーツ

グリスを盛って、ブーツ側にもグリスを詰めて、

グリスを盛ったタイロッドエンド

新品のブーツを取り付けて完成。タイロッドエンド×4とアイドラーアーム×1の計5か所を交換。ピットマンアームのボールジョイントにはガタがあったのでアームごと交換するつもり。

ブーツを交換したタイロッドエンドとアイドラーアーム

サビ取りより組み立てのほうが楽しいなぁ。

主観的難易度:★☆☆☆☆( どんどん組み立てる。ここからの展開は早い、、、と思いたい。 )

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離
 ↓
サビ転換剤の塗布
 ↓
シャーシーブラックで塗装
 ↓
油漏れ修理
 ↓
こまごました部品の仕上げ  ←いまここ
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
タイロッドのブーツを注文

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました