MS66V:シャーシーブラック剥離・リターンズ

0

参議院選挙戦も後半戦に突入しようとしている時期になり、立候補している方々は推薦人を共だって遊説する日々なのでしょうが、こちらは引き続き下回りのシャーシブラック剥離を続けます。

ニードルスケーラーでリア回りのフレーム、ドラムブレーキ裏、ホーシングを突きまくって劣化したシャーシブラックを剥がしていきます。

ニードルスケーラーでフレームのシャーシーブラック剥離
ニードルスケーラーでドラムブレーキバックプレートのシャーシーブラックを剥離

フレームに溶接棒の切れ端が残されていました。おそらくトヨタで製造された時のものと思われます。当時の品質レベルが想像できるのと、手作りだったんだなぁ、、、って思います。

フレームに残された溶接棒

主観的難易度:★☆☆☆☆(雨がうっとおしいが気温が低いのでカラダはラクか?!)

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
下回りの清掃 ←いまここ
 ↓
油漏れ修理
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました