AE86:ラジエーターとコンデンサの取り付け

仮配管でエンジンを始動してしまおうかどうしようかと考えたが、
仮配管の後処理が面倒くさいので、配管関係も仕上げてしまう。
全部を仕上げた後に配線のやりかえはしたくないが、
もともと動いていたもの↓を元に戻しただけなので
AE86:燃料タンク交換・エンジン始動・エンジン降ろし
部品がそろったのでさっそく燃料タンクを取り付ける。なんと、タンクは新品!ガソリンの注ぎ口のパイプは再利用。タンクに刺さっていた部分にカスがいっぱいついているのでワイヤーブラシで綺麗に。燃料ポンプも正常に動...

間違いなく動くであろうと信じる。

長年の汚れがこびり付いたラジエーターとコンデンサを綺麗にする。

 

コンデンサのステーは錆びているのでワイヤーブラシでこすって再塗装。

 

フィンが潰れてしまっているので目立てをします。
これで1日費やしてしまった。

 

ラジエーターもコツコツとやります。
片面が終了。裏面もありますよ。

 

目立ての後、塗装。まあ、観られる程度にはなったなぁ。

 

そして取り付け。

 

 

ラジエーターの側面を塗装し忘れたので、次回に塗ろう。
主観的難易度:★☆☆☆☆(とても地味な作業。)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2017/1/21

燃料ポンプとレベルセンダーを交換。

スターターの配線修正

エンジン始動

エンジンを降ろす 2017/2/12

部品の取り外し

鈑金塗装

パーツをビカビカに磨きながら取り付け

エンジンを搭載 2017/10/21(10ヶ月)

ミッションを搭載

ラジエータを取り付け ← いまここ

オイルクーラーを取り付け

エンジン始動

足回りの取り付け

構造変更(2人→5人乗車)

車検

足回りの交換など

公道デビュー
<備忘録>
時計のカバーパネル。これはストックを探せばあるかもしれない。
後席カーペットとリアシート後ろの部品。
リアラゲッジまわりのパネル一式
リアホイールハウスのカバー、後席パネル(黄色)はAPEXのものとは違う。
サンバイザー左右。
助手席側カウルサイドパネル
シフトレバーのブーツ
<完了済み>
燃料ポンプの手配
フューエルレベルセンダーの手配
燃料タンクの手配
ボンネットを探す
エバポレータを探す
内装部品を探す
リアハッチを探す
マスターバッグとクラッチマスターシリンダーのガスケット
リアシートの金具
ラジオ周りの骨組み
ステアリングコラムは重ステ車のものを使う
ステアリング下のパネル
助手席側スピーカーカバー
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました