MS66V:ダンパー取り付け、ランプの電球の交換、、、雨の中で試走!

リアダンパーの取り付けができてなかったのでやってしまいます。

リアダンパーの取り付け

そして、バンパー下のウインカーとリアポジションランプの電球が切れていたので交換。レンズを取り付けているネジがことごとくサビていてドライバーでは回せないのでドリルでネジの頭を削り取って外したところは苦労したが、問題なく点灯オーケー。

バンパー下のウインカー
リアポジションランプ

そして雨が降ってきましたが、もうやることがなくなってきたので試走します。

MS66Vクジラクラウンバン試走1 Test drive on MS66V TOYOTA Crown VAN 'KUJIRA'
MS66Vクジラクラウンバン試走2 Test drive on MS66V TOYOTA Crown VAN No.2
MS66Vクジラクラウンバン試走、ヘッドライト点灯 Test drive on MS66V TOYOTA Crown Van 'KUJIRA' with headlight on

当然ですがワイパーも正常に動作してます。乗り心地はとっても快適。なんの問題もありません。「やれた外装+安心して走れる駆動系」のコンセプト通り。

はやく公道を走りたい。

<Summary for overseas visitors>

I have been restoring MS66V CROWN Van that is an old Japanese car produced by TOYOTA. S60 series is known as ‘KUJIRA’ among Japanese fans. It is the fourth generation of crown families, sold in 1971 to 1974 in many countries. In this post, I took a note of records, such as assembling rear dumper, exchanging bulbs of lumps, test driving in the rain and so on.

主観的難易度:★☆☆☆☆( 登録の手続きに問題があることが発覚! )

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離
 ↓
サビ転換剤の塗布
 ↓
シャーシーブラックで塗装
 ↓
油漏れ修理 
 ↓
こまごました部品の仕上げ ←いまここ
 ↓
いろいろ調整 ←いまここ
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
運転席側ヘッドランプ枠のメネジクリップが1個ない
マフラーがミッションメンバーに当たっている
バッテリーの固定用ステーが無い
時計が動かない
ラジオが鳴らない

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
タイロッドのブーツを注文
ピットマンアームにガタがある
ウォータポンプの入手
オルタネータの入手

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました