MS66V:アッそうだ!シャーシーブラック剥がし

0

夏休み中にクルマをいじくれるのも今日が最後。

アッそうだ! シャーシブラックを剥離しよう。

リア回りの助手席側が最後のエリア、今日でシャシーブラックの剥離作業は終わりにしたい!

まず、スペアタイヤが邪魔なので降ろしてしまう。このクルマの場合、ナンバープレートが倒れるようになっていて、その裏にスペアタイヤを吊っているワイヤーを巻き上げ/巻き下げするノブがある。これに気が付くまでに時間をロスしてしまった。スペアタイヤを降ろすためにナンバーを取り外すのかと思った。。。

スペアタイヤを降ろす

あとは、カップブラシエンドブラシを使ってシャシーブラックのカスを除去する。

シャーシブラックを剥離したリア回り
キレイになったリアホーシング

これにてシャシーブラックの剥離作業は完了したことにする!

主観的難易度:★☆☆☆☆(もう粉まみれになりたくない!)

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離 ←いまここ
 ↓
サビ転換剤の塗布
 ↓
シャーシーブラックで塗装
 ↓
油漏れ修理
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました