MS66V:もっとシャーシーブラック剥離中

0

先週に引き続き、劣化したシャーシーブラックを剥離してます。

今日は左右のフレームを車体中央部でつないでいるメンバーと、プロペラシャフトに着手。クルマの下に潜って作業するより早いので取り外します。

メンバーにはサイドブレーキワイヤーとそのリンクが取り付いているので外す必要があるが、ワイヤーのネジがサビててナットが回らないのでダイスでネジ山を修正。

ニードルスケーラーカップブラシエンドブラシを駆使して剥離中。今日は社長が4A-Gを組む段取りをしなきゃいけないのでクラウンの作業はここまで。

主観的難易度:★☆☆☆☆(今日は暑い!)

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
下回りの清掃 ←いまここ
 ↓
油漏れ修理
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました