W201:ラジエータからの水漏れ

嫁の車がまた壊れた。
会社の観送迎会で、飲んだあと車の中で寝て朝帰りした。
家に帰ると子供がお母さんのクルマがケムリを噴いたと泣きながら訴えている。
どうも昨晩 嫁と子供がご飯を食べに出たときにトラブってレッカーで帰ってきたらしい。
昨日は携帯を忘れてたので連絡がつかなかったことも怒っているようす。
嫁はまだ寝ているが、
文句をいわれるのは間違いないので先にクルマをチェックする。
クルマの下には冷却水が漏れた跡がある。
ホースかラジエータが逝かれたのだろう。

エンジンルームの濡れかたからして、
ロア側のホースが疑わしい。

ロアホースを取り外して点検するが、
経年による劣化はあるものの穴が開いている様子も無い。
原因がホースバンドの緩みくらいだったらいいなーと思いながらホースをもとにもどして、
ホースバンドを締め付けて水を注入するとやっぱり漏れている。
よーく調べてみると、
ラジエータのコア部(フィンのところ)とサイドタンク(ホースが接続されて水をコア部に分配するところ)のカシメ部から漏れている。
ペットボトルから水を入れるだけで漏れるので、完全にゆるんでいるようだ。

家に戻ってひととおり嫁と口論したあと、
二度と路上で止まりたくないとのことで、
国産中古車の購入を前向きに検討することになった。
条件は2000ccクラスの4ドアセダンで5ナンバーサイズでありながらボディがしっかりして
長距離運転しても疲れないこと。
東京まで一晩で走ることもあるので長距離がラクというのは外せないポイント。
その点では190Eはすばらしいクルマだ。
壊れなければもっと良い。
最近のクルマのことはほとんど知らないので、
中古車屋に行って勉強することにする。
(1)ブルーバード
店員のお兄さん曰く、
最近は3列シートのミニバンばかりで4ドアセダンは少ないという。
年式が新しい(壊れない)4ドアセダンだどブルーバードだという。

   5ナンバーサイズだが190Eより大きく見える。
室内はとても広い。後席はシーマ並みだというが確かに広くて快適。
しかし、外観がおっさんくさい。(お兄さんは女性に人気だと言うが、、)
エンジンは2000ccと1500ccがあるらしい。
1500ccはトルクが無いと思われるので2000ccとしたいがオートマがCVTらしい。
過去にCVTのクルマに乗ったことがあるが、
とてつもなく運転しにくくてイヤだ。
   それに国産車はアクセルペダルが吊り下げ式ばかり。
この手のペダルは長距離運転すると足がつる。
クルーズコントロールが付いていれば許せるが、
そんな装備は無いらしい。
(2)フォレスター
店員さん曰く、当店でとてもお勧めだと言う。
カーナビとかオプション満載でこの値段はありえないと言う。

   いろいろ見せてもらったが、
たしかにお買い得というのも理解できる。
   嫁も4ドアセダンでなくてもいいと言い出したし、
子供は大きなサンルーフが気に入ったらしい。
   しかし、4WDは必要ないし、
なにより顔面のデザインが生理的に受け付けない。
それにやはりペダルは吊り下げ式なので、右足がつったら左足で運転しなくていけない。
今回中古車屋で勉強した結果、
5ナンバークラスで長距離(7時間以上)をまともに走れるのはW201しかないと思われ。
ちなみに190E(W201)のいいところ。
・ペダルがオルガン式
国産車はコスト優先の吊り下げ式で足がつる。
・ステアリング形式がボール循環式で摩擦が少なくハンドルがとてつもなくスムーズ。
国産車はコスト優先のラックアンドピニオンで、
摩擦が大きくて腕がつる。
・何の変哲も無いが疲れないシート
そもそも国産車はシートが小さく、
同じ姿勢で座ってられない。
・何の変哲も無いが運転しやすいエンジンとオートマ
国産車のエンジンとオートマは言うこときかない。
余計な制御が入って運転しにくい。
ついでにパワステも違和感たっぷり。
・FRなのでプロポーションが自然でカッコいい
FFはタイヤから前が長くて美的におかしい
やっぱりなおそうかなぁ。。。
主観的難易度:★☆☆☆☆(壊れるのは不安だが買い換えても良いと思える車が無い)
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました