MS66V:マフラーの現状確認

久しぶりに作業する。
マフラーに穴が開いていて修復する必要がある。
車体から取り外して現状を確認して修理方針を検討する。
まず、全体が錆で覆われていて粉っぽくてイヤなのでワイヤーブラシで擦って浮きサビを落とす。

タイコやパイプの一部に穴が開いている。
貴重な純正マフラーをできるだけ温存したいと思う。
昔のクルマの鉄板は分厚いので鉄板をあてて溶接してみることにしよう。

あと、いろんなところからオイルが漏れているのでシールを交換する必要がある。
ステアリングギアボックス。

トランスミッション。

デフケース。

マフラーは何とかなりそう。
主観的難易度:★☆☆☆☆(地球温暖化の影響で暑い! でも、来週はもっと暑いらしいよ!?)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3

エンジン始動

ブレーキ周り、サスペンションの状態確認

レストア方針検討 ←いまここ

パーツ調査、手配

部品交換

登録検査

公道復帰
<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました