MS66V:デフキャリアの清掃とオイル漏れ確認

0

デフのオイル漏れの修理のため漏れ箇所を確認する。

オイルと泥とホコリでコテコテにコーティングされていたのでステッカーはがしのスクレーパーで汚れを除去。そしてオイル漏れ箇所を確認する。

清掃中のオイル汚れの様子からはデフのインプット側から漏れているような感じだが、よくわからないので1週間放置して様子を見る。

主観的難易度:★☆☆☆☆( できればデフを割りたくない。 )

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離
 ↓
サビ転換剤の塗布  
 ↓
シャーシーブラックで塗装 
 ↓
油漏れ修理  ←いまここ
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました