MS66V:シャーシーブラック剥離・フォーエバー

0

梅雨が明けて本格的な夏がやってきた。

引き続き ホーシングから後ろのリア回りのフレームを中心に劣化したシャーシブラックを ニードルスケーラーで突きまくって剥がしていきます。 クルマの下に潜っての作業なのでつらい。腕が疲れるし、ペイントのカスを浴びまくる。

ニードルスケーラーで劣化したシャーシブラックを突く

フレームの後端までたどり着いた。あらかたニードルスケーターでの剥離作業は終了!

シャーシブラックを剥離したホーシング
ニードルスケーラーでの剥離は完了

あとは、ワイヤーブラシで磨いてサビ転換剤を塗る。

主観的難易度:★☆☆☆☆(梅雨が明けたとは言え、天候が変わりやすい!)

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
下回りの清掃 ←いまここ
 ↓
油漏れ修理
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました