MS66V:カムカバーとかこまごました部品の仕上げ・・・早く自走したい!

自走に向けて組付けを進める。

カムカバーがオイルでべっとり汚いし、アルミも腐食してバッチイので清掃。まずはシール剥がしのスクレーパーでネットりしたオイル汚れをこそぎ落とす。

カムカバーがオイルでべっとり汚いし、アルミも腐食してバッチイので清掃。まずはシール剥がしのスクレーパーでネットりしたオイル汚れをこそぎ落とす

そして洗剤とブラシで洗った後、カップワイヤーエンドブラシで磨いてそこそこギラギラした感じに。鏡面仕上げはこのクルマの将来のオーナーの楽しみとしてとっておこう。

ギラギラした感じ

ステアリングのカップリングと、サイドブレーキワイヤーの鉄部品がサビまみれだったので磨いて、

ステアリングのカップリングと、サイドブレーキワイヤーの鉄部品がサビまみれだったので磨いて

防錆塗料を塗布。

ステアリングのカップリングと、サイドブレーキワイヤーの鉄部品がサビまみれだったので磨いて防錆材を塗布

ステアリングカップリングを組み立て。

ステアリングカップリングを組み立て

地味な作業だけど着実にこなす。。

<Summary for overseas visitors>

I have been restoring MS66V CROWN Van that is an old Japanese car produced by TOYOTA. S60 series is known as ‘KUJIRA’ among Japanese fans. It is the fourth generation of crown families, sold in 1971 to 1974 in many countries. In this post, I took a note of records, such as cleaning the cam cover, removing rusts and painting on small parts, re-assembling steering coupling and so on.

主観的難易度:★☆☆☆☆( 自走の時期は近いがこまごました部品の仕上げが続きます。 )

<全体工程>
プロジェクトスタート 2018/3/3
 ↓
エンジン始動
 ↓
ブレーキ周り、サスペンションの状態確認
 ↓
レストア方針検討
 ↓
マフラー修理
 ↓
レストア方針の再検討
 ↓
シャーシーブラックの剥離
 ↓
サビ転換剤の塗布
 ↓
シャーシーブラックで塗装
 ↓
油漏れ修理 
 ↓
こまごました部品の仕上げ ←いまここ
 ↓
いろいろ調整
 ↓
自主検査
 ↓
謎の審査官による検査
 ↓
陸事で登録検査
 ↓
公道復帰

<備忘録>
リアゲートのモールが無い
運転席ドアロックノブの枠パーツが無い
ピットマンアームにガタがある

<完了済み>
ブレーキマスターの形状を調べる
ブレーキシリンダーカップ手配、前1•1/8、3/4
ステアリングギアボックスのオイルシールの手配
トランスミッションのオイルシールやパッキンの手配
デフケースのオイルシールやパッキンの手配
タイロッドのブーツを注文

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました