MS52:タイロッドエンド(インナー側)の交換

ゴールデンウィークに突入し嫁は一人で実家に帰った。
子供の面倒を見なければならないが、今日は保育園に行っているので日中はフリー。
なので、前から気になっていたガタのあるタイロッドエンドのインナー側を交換する。

ステアリングリンク周辺は、タイロッドエンド(外側)、アイドラーアーム、ステアリングギアボックスの油漏れなど修理をしてきた。
内側のタイロッドエンドは部品がなくて困っていたが、
こないだ130クラウン用のアイドラーアームがバッチリ取り付けOKだったし、たぶん大丈夫だろうということでJZS130G用のタイロッドエンドをトヨタ部品共販で購入。車検証も無しで、部品番号も判らなかったけど親切な受付の人がいろいろと問い合わせて調べてくれた。
部品番号は 45406-39145
在庫ありでお持ち帰りOKでした。

MS52用と比べると30mmくらい短いが、まあ許せる範囲。調整チューブへのネジの刺さり具合が浅くなるけどボルト直径の2倍程度は刺さっているので大丈夫でしょう。
↓こんな感じ。

あとは、タイロッドをいじるとトーが絶対ずれるので、いつもお世話になっている新宮サービスにいってサイドスリップを測定して調整します。今回はほとんど±0mmにしました。
これでまた一歩まともな車に近づいた。
7350km
主観的難易度:★(タイロッドエンドリムーバーを用意しよう。写真のやつは使いやすくて良い。アッパーおよびロアーアームのジョイントにも使えるし)
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました