AT141:ポジションランプが点灯しない

0
ヘッドライトが点灯しない件は解決したので、
メーター照明が点灯しない件を解決する。
配線図を追っかけると、メーター照明の回路に照度調整用のレオスタットと呼ばれるダイヤルスイッチが付いている。
アナログメーターパネルではこんなものは無くて、パーキングランプのスイッチだけだった。
アナログメーターパネル用のパーキングランプスイッチをつないでみると、メーターパネル点灯オーケー!
念のため全ての灯火類が点灯するかどうか確認すると、フロントのポジションランプが点灯していないことを発見。
パーキングランプスイッチやレオスタットやデジタルとアナログメータの配線の違いやら不安なところはいっぱいあるので、1日費やして配線をテスターで確認して正しく通電することを確認したがなぜだか点灯しない。

最後の最後に左側のポジションランプをグーで叩いたら点灯したよ~。
結局、電球部分の接触不良でした。
右側のポジションランプには電球が入ってなかったというおまけつき。
電球を入れて点灯を確認!

2つあるから配線が正常ならどっちかは点灯するだろうって思っていたんだけどなぁ、、、、
基本的なところ(≒簡単な点検)から点検を開始するべきでしたね。。。。
主観的難易度:★☆☆☆☆(ゴールは近いがくだらないことで時間を消費してる。)
<全体工程>
燃料タンク、燃料ポンプの交換。自走可能になった。

ボディの板金塗装

内装の取り付け

配線ケーブルの取り付け

エンジンルーム内でやれることやる。マスターシリンダーの取り付け

クラッチの取り付け

旧エンジンから新エンジンへパーツ移植

エンジン搭載

セルモータ、オルタネータなど電源系統のケーブルの取り付け

エンジンとコンピュータの配線ケーブル取り付け

エンジン制御の設定、調整

エンジン始動

メータパネルの取り付け

エンジンに配管を取り付け

冷却ファンの取り付け

こまごました雑作業

ダッシュボードの取り付け ← いまここ

車検に向けた整備

車検合格、公道デビュー
<備忘録>
1)まあまあ急ぐ
・冷却水パイプの固定金具を作る(ホースバンド38m、内径29mm)
・ヒータホースの取り付け部品(U字パイプ内径16m、ホースバンド外径23mm)
・マスターバッグ負圧の配管(外径9mm)
・FMラジオが鳴らない
2)あとでもいい
・運転席シートベルトのウエイトの接着
・左リア内装のもげたクリップの接着
・右リア内貼りのビニールをつける
・カーペットの固定
・バンパーの本来は黒い部分を黒く塗る
3)完了済み
・トランスミッションのオイルシール注文
・フライホイールボルト注文
・バンパー用黒スプレー購入済み
・助手席ドア鍵のリンケージ
・運転席ドア配線、パワーウインドコントロールリレー・・・旧TT142の配線で。リモコンドアミラー配線無し。
・白のスプレー手配 カラーコード038
・クラッチプレート購入積済(EXEDYウルトラファイバークラッチ)
・クラッチカバー購入手配済(上とセット)
・エンジンマウントがつくブラケット右を探す(ゴミ箱から発見)
・オイルフィルターの取り付けネジを探す(AE92エンジンから調達)
・マフラー取り外し
・オルタネータのベアリング、ブラシの手配
・オルタネータのベアリング、ブラシの手配(AT車用で)
・サーモスタットの手配
・エンジンマウントの手配(取り合えずついてたものを再利用)
・ボディカバーのひも千切れを縫う、ゴムひもにフック付ける
・リアウィンドウのワイパー穴のメクラぶた(穴径35mm)
・空燃比センサー取り付けネジ溶接
・電動ファンの手配
・ダイレクトイグニッションの配線を取ってくる。
・ダイレクトイグニッションプラグの加工
・コネクタの手配
・エンジン-コンピュータの配線
・点火プラグ延長コード製作
・バキュームホース手配
・ブレーキホースを固定するクリップ手配
・冷却水ホースの手配
・電動ファンの取り付け
・電動ファン用リレー手配
・VVTの配線
・オルタネータ煙確認→だめ、交換する
・ISCVが制御できるか確認→ダメ、違うものにする
・燃料ラインの詰まり解消→ガス欠
・オルタネータの手配
・タコメータが調子悪いのを直す
・ISCVの手配→もともとついていたISCVでOK
・チャコールキャニスターのバルブの配線
・予備のエンジンの配線
・冷却水が漏れている→水温センサーのねじ込みから
・ミッションオイル注入
・バックランプのミッション側配線
・ヘッドライトの不点灯。ディマスイッチ修理。
・ポジションランプの電球を入れて点灯を確認
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました