AT141:バルクヘッド仕上げ

久しぶりにコロナをいじります。
前回、部品取り車からヒーター、エバポ、ブロア周りを取り外したのでこれらをレストア車に取り付けたい。
これらは長年の間空気が循環するうちにホコリまみれになっているので、エアブローと水洗いで30年分?くらいの汚れを綺麗にしてやります。
すごく良い天気なのですぐ乾きます。が、作業する人間はしんどいです。
で、レストア車に取り付けようとしますが、その取付け部であるバルクヘッドがとても汚い。
このクルマは過去にアンダーコートをはぐってあるのだが、ダッシュ周りだけは手つかずだったので、ばばっちいアンダーコートがまだ残っていました。

炎天下の中、マイナスドライバーとハンマーでアンダーコートを剥がします。
あぁ~、20年以上前にもこんなことをやっていたなぁ~。そして20年たっても同じことをしているなぁ。
※アンダーコートとは:防音と断熱のためにボディの鉄板の上に薄い(5mmくらい)のアスファルトっぽいシートが貼ってあります。フロアとかバルクヘッドとかに貼ってます。競技車両を製作するときには軽量化のためアンダーコートを剥がします。とてもめんどくさいです。レストア車のコロナもサーキット走行を主目的にしていたので当然剥がしてありました。デフのノイズとかタイヤが砂を巻き上げる音とかがリアルに感じられます。ちなみに、冬の寒い時期のほうが剥がしやすいです。アンダーコートが固くなっているので、うまくすればハンマーで叩くだけで剥がれます。
残ったアンダーコートはペイント薄め液で拭いて綺麗にします。
ペイント薄め液

そして、錆びたところに錆転換剤を塗って、スプレーでペイントします。

ブロアとかヒータを取り付けたかったけど、今日はここで終了。
とにかく暑い!
主観的難易度:★☆☆☆☆(これで、エンジンのメカニカルノイズが車内に充満してとても快適!)
<備忘録>
1)まあまあ急ぐ
・白のスプレー手配 カラーコード038
・点火プラグ延長コード製作
・クラッチプレート購入手配
・クラッチカバー購入手配
2)あとでもいい
・運転席ドア配線、パワーウインドコントロールリレー
・運転席シートベルトのウエイトの接着
・左リア内装のもげたクリップの接着
・右リア内貼りのビニールをつける
・助手席ドア鍵のリンケージ
・カーペットの固定
3)完了済み
・トランスミッションのオイルシール注文
・フライホイールボルト注文
・バンパー用黒スプレー購入済み
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました