AT141:デスビの軸のガタ

息継ぎの原因としてクランク角センサーのガタが疑わしい。
ガタの要因としては、
1)カム後端側とデスビ側の差し込み部のガタ
2)タイミングベルトのたるみ
を疑っている。
なので、1)を改善するため、カムとデスビの差し込み部にシックネスゲージを挟んでガタをなくす。
これで息継ぎ症状が良くなるのであれば、根本的な改善策としてクランク軸にクランク角センサーを取り付けることにしたい。
シックネスゲージは0.06mmのものをカットして挟む。

クランク角センサーのガタはほとんど解消した。
タイミングベルトのたるみも問題は無さそう。
でも、息継ぎ症状は全く改善しなかった。
主観的難易度:★★★★☆(他に原因がありそう。)
<備忘録>
1)まあまあ急ぐ
・FMラジオが鳴らない
・エアコンパネルの照明がつかない
・ラジオの照明がつかない
・ステアリングラックのガタ・・・部品注文済み
・シガーソケットの電圧がおかしい
・アクセルOFFからONしたときに息継ぎする。交差点でエンストする、運転しにくい → アクセルオープン時の進角が40度くらいで進みすぎ。原因不明。→ ノイズの影響を確認する。
・セルモーターたまに回らない・・・配線のヘタリが原因
・タイヤをオークションに出す
・ファンベルトが擦れて粉をふいている
・部品取り車からスタビリンクを取り外す
・クーラー配管の準備
・どうしてもライトオンでエンストする。→ デジタルインプットでアイドルアップする。
2)あとでもいい
・運転席シートベルトのウエイトの接着
・左リア内装のもげたクリップの接着
・右リア内貼りのビニールをつける
・スタビのブッシュ、リンケージの手配
・スピードメーターの誤差が大きい
・ウインドウの雨漏り
・ハブベアリングの点検と交換
・助出席ウインドウが後ろウインドウのゴムと干渉していてドアが開きづらい
・クオーターウインドウのウェザーストリップ
・3速が入らない
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました