AE86:検査の準備完了

0
検査の準備として、ワイパー、ウォッシャー液タンク、ホーンなど取り付ける。
ワイパーアームも新品!ワイパーブレードもトヨタ純正!

ワイパーブレードの取り付けネジもトヨタ純正!

90099-00955:ワッシャー付きスクリュー
90099-00913:ワッシャー付きスクリュー
どちらもプラスネジですが、00955の方はマイナスドライバー対応です。00913はプラス溝のみ。
1年の間に無くさないでとっておいたのは奇跡的!
ワイパーブレード取り付けナットも当然ですがトヨタ純正の新品!

90176-08033:袋ナット
ワイパーモーターのアームが90度ズレていてストップ位置がおかしいことを発見したので組み直しなどしましたが問題なく終了。
もう、検査に持ち込んでもオーケー!
P.S.
GX71のカセットステレオのコネクターが微妙に違っていて使えないことが発覚。
スタータモーターの回転が悪いのはエンジンとボディの間のアースが弱いと思う。
電動冷却ファンの温度センサーの位置が悪くて、水温変化への追従が悪い。
主観的難易度:★☆☆☆☆(早く公道に出たい!)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2017/1/21

燃料ポンプとレベルセンダーを交換。

スターターの配線修正

エンジン始動

エンジンを降ろす 2017/2/12

部品の取り外し

鈑金塗装

パーツをビカビカに磨きながら取り付け

エンジンを搭載 2017/10/21(10ヶ月)

ミッションを搭載

ラジエータを取り付け

オイルクーラーを取り付け

エンジン始動

足回りの取り付け

冷却水、オイルの注入

エンジン配線の修正

検査の準備 ← いまここ

構造変更(2人→5人乗車)

車検

足回りの交換など

公道デビュー
<備忘録>
エンジンとボディの間のアース追加
電動冷却ファンの温度センサー位置変更
カセットデッキ
排気ガス漏れあり
エアバルブ
エアコンの配線
後席カーペットとリアシート後ろの部品。
リアホイールハウスのカバー、後席パネル(黄色)はAPEXのものとは違う。
助手席側カウルサイドパネル
シフトレバーのブーツ
<完了済み>
燃料ポンプの手配
フューエルレベルセンダーの手配
燃料タンクの手配
ボンネットを探す
エバポレータを探す
内装部品を探す
リアハッチを探す
マスターバッグとクラッチマスターシリンダーのガスケット
リアシートの金具
ラジオ周りの骨組み
ステアリングコラムは重ステ車のものを使う
ステアリング下のパネル
助手席側スピーカーカバー
サンバイザー左右
ホースエンド#10-45度×2個
触媒前後のガスケット
エキマニのガスケット
ホーズバンド、燃料リターンホースφ11×4個、冷却水ホースφ40×4個
時計のカバーパネル。これはストックを探したが割れていた
リアラゲッジまわりのパネル一式
シフトレバーの先っちょのブッシュ
ハブボルト
マフラーのガスケット、φ58
えきまにのボルトが長い?
マフラーの吊りゴム、2個
ブレーキが戻らない
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました