AE86:リアシートの取り付けと欠品部品の確認

リアシートを取り付けて、
手持ちの内装部品も全て取り付けて、
足りない部品を確認する。
リアシートが付きました。
昭和61年式までは5名乗車でも真ん中のシートベルトはありません。

足りない内装部品を確認。
外から見える部品で欠品しているものは備忘録コーナーへ。
見えない部品の欠品もあるが後で考えれば良い。
エンジン搭載の準備に入る。

エンジンルームに取り付く配管などを磨いてますが、
ピカール

が無くなったので今日は終了。

主観的難易度:★☆☆☆☆(季節の変わり目なので天候に左右される!)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2017/1/21

燃料ポンプとレベルセンダーを交換。

スターターの配線修正

エンジン始動

エンジンを降ろす 2017/2/12

部品の取り外し

鈑金塗装

パーツをビカビカに磨きながら取り付け ← いまここ

エンジンを搭載

構造変更(2人→5人乗車)

車検

足回りの交換など

公道デビュー
<備忘録>
ステアリング下のパネル

助手席側スピーカーカバー

時計のカバーパネル。これはストックを探せばあるかもしれない。

後席カーペットとリアシート後ろの部品。

リアラゲッジまわりのパネル一式

リアホイールハウスのカバー、後席パネル(黄色)はAPEXのものとは違う。

サンバイザー左右。

助手席側カウルサイドパネル

<完了済み>
燃料ポンプの手配
フューエルレベルセンダーの手配
燃料タンクの手配
ボンネットを探す
エバポレータを探す
内装部品を探す
リアハッチを探す
マスターバッグとクラッチマスターシリンダーのガスケット
リアシートの金具
ラジオ周りの骨組み
ステアリングコラムは重ステ車のものを使う
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました