AE86:トランスミッション搭載

トランスを載せる。
スチームで洗浄して、
レリーズベアリングを交換。

そして搭載。

配線と配管をやってエンジンを始動したかったけど、今日は早く帰りたいのでここまで。
ミッションメンバーは清掃してペイントする必要がある。
エンジンやボディの仕上がりに対し、トランス以降の仕上がりが納得いかないが、年内の復活を優先することとして気を落ち着かせる。
主観的難易度:★☆☆☆☆(次は仮配線でエンジンを始動して安心したい)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2017/1/21

燃料ポンプとレベルセンダーを交換。

スターターの配線修正

エンジン始動

エンジンを降ろす 2017/2/12

部品の取り外し

鈑金塗装

パーツをビカビカに磨きながら取り付け

エンジンを搭載 2017/10/21(10ヶ月)

ミッションを搭載 ← いまここ

ラジエータを取り付け

オイルクーラーを取り付け

エンジン始動

足回りの取り付け

構造変更(2人→5人乗車)

車検

足回りの交換など

公道デビュー
<備忘録>
ステアリング下のパネル
助手席側スピーカーカバー
時計のカバーパネル。これはストックを探せばあるかもしれない。
後席カーペットとリアシート後ろの部品。
リアラゲッジまわりのパネル一式
リアホイールハウスのカバー、後席パネル(黄色)はAPEXのものとは違う。
サンバイザー左右。
助手席側カウルサイドパネル
シフトレバーのブーツ
<完了済み>
燃料ポンプの手配
フューエルレベルセンダーの手配
燃料タンクの手配
ボンネットを探す
エバポレータを探す
内装部品を探す
リアハッチを探す
マスターバッグとクラッチマスターシリンダーのガスケット
リアシートの金具
ラジオ周りの骨組み
ステアリングコラムは重ステ車のものを使う
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました