W201:ラジエータの交換

結局、とりあえず動く車がないと困るので修理することに。
水を噴いたラジエータのほか、冷却水周りの部品をSPEEDJAPANにて購入。
宅配で部品が注文できるので助かります。
(1)ラジエター        201 500 43 03
(2)ホース トップ        201 501 23 82
(3)ホース ボトム        201 501 66 82
(4)エキスパンションタンク    124 500 06 49
(5)フィラーキャップ ラジエター 124 500 01 06
部品番号はEPCで拾ったベンツ純正部品の番号ですが、
購入したのはすべてOEM製品。
ベンツマークは付いてませんが、
純正品と同じ品質(らしい)。
というか、
ベンツマークがあるはずの位置にはグラインダーで削り取ったあとが、、、

ラジエータやエキスパンションタンクの交換は非常に簡単。
ラジエータはクリップ4つで留まっているだけです。
ドライバー等でこじって外します。
ラジエータにはファンカバーがこれまたクリップで留まっているので外し、
ホース類を外します。
ラジエータにはATFクーラも付いているのでATFの配管も外します。
このとき、配管から少しATFが漏れてくるのでビニールと輪ゴムとかで塞いでおくと良いでしょう。

外したラジエータにはスキマゴムが付いているので新品のラジエータに付け替えます。
そして外した逆の順序で組み立てればOK。
エキスパンションタンクも簡単です。
普通のナットと手回しノブ?が付いたナットを2つ外せば交換OK。
タンクの下の出ベソがボディ側のゴム穴に刺さっているので、
少し力を入れてタンクを持ち上げれば外れます。

外したエキスパンションタンクにはフロート式の液面センサーが付いているので外して付け替えます。
センサーは泥で汚いし動きが悪くなっているので清掃します。
また、センサーはタンクにスナップリングで取り付けられているのでスナップリングプライヤーがあると良いと思います。
が、無くても何とかなると思います。

あっけないほど簡単に交換できてしまいました。
あとはLLCと水を入れて、
エンジンを回してエア抜きして完了。
ちなみにLLCはその辺で売っている緑色のやつ。
ベンツ純正ではありませんが壊れなければOK。
壊れても直せばOK。
これであと10年は水漏れしないと思いたい。
主観的難易度:★☆☆☆☆(すごく簡単)
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました