W201:ホイールボルト

嫁がスタッドレスタイヤが必要だという。
ベンツのホイールのボルト穴のPCD(ピッチ・サークル・ダイヤメーター)は国産FR車の114.3mmとは違う。
どうも112mmらしい。
普通に売られているやつや、拾ったやつや、手持ちのホイールでは合わない。
新品のセットを買うと高いのでオークションを見ながら考えた。
W201よりあたらしいベンツのホイールでスタッドレスタイヤがセットになったものが安くオークションで出ていたので入手。
C200(W203)の純正ホイールで15X7インチでオフセットは37?らしい。190Eのはガスバーナーみたいなデザインのホイールで並べてみると古臭い感じ。

PCDは問題ないし、オフセットも問題なさそうなので早速取り付けて、走り出そうとするとガチャンと音がして車が動かない。
何かが引っかかっている様子。そして、サイドブレーキの様子もおかしい。ので、ジャッキアップしたときにブレーキワイヤーの取り回しがおかしくなったのかと思って調べたけど問題ない。
ホイールのどこかがブレーキキャリパーやサスペンションアームなどに当たっているのかと調べたが問題なし。
しばらく悩んでもしかしたらホイールボルトが怪しいことに気が付いた。
国産車はホイールをナットで留める(ハブ側からスタッドボルトが生えている)が、ベンツはハブ側にネジ穴があってボルトでホイールを固定するようになっている。

もし、ホイールボルトがハブ側に深く刺さると、ハブの内側にあるパーキングブレーキ系統に干渉するかもしれない。
と思ってボルト無しでホイールを回すとクルクル回る。ホイール無しでボルトを刺して回すと、刺さる深さを深くしていくとやはりカチンと当たった。
入手したホイールにボルトを刺してみると先端の突き出し量が大きいことがわかった。
もしかしてホイールによってボルトの長さが違うのかとネットで調べたらやはりそうだ。し、これが原因でボルトをつぶしたり、パーキングブレーキを壊すことがよくあるらしい。
ボルトは買うと高いし、すぐにタイヤを交換したいのでボルトの先端をグラインダーで削ることにした。5mmくらい削ったら干渉はクリアできそう。余裕を見て6mm削ることにする。6mm削っても今回入手したホイールなら締め付けに必要なネジ長さは確保できそう。

フロント側は問題なかったので、リア側10本を削って取り付けたらバッチリOK、今度は問題なし。
でも、夏タイヤに交換するまでに元のボルトを用意しないといけない。どっかに落ちてないかなー。
主観的難易度:★☆☆☆☆(グラインダーで削ったあとはダイスを通してネジ山を修正しよう。削る前にはネジ山のかかりが浅くならないか、などよく調べてからにしましょう。)
1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました