MS52:ダンパーの調査

ダンパーがヘタリきっている。オイルが滴っているので交換したいが、普通のショックでは面白くない。
うちのクラウンは車高短で、街乗りでは限界に近いくらい低い。縮み側のストロークがないので、家族3人で乗ると突き上げがひどくて子供がかわいそう。嫁もすぐ酔うし。

なので、荷重に合わせて車高が調整できるモンローのマックスエアーに注目している。
ただし、荷物を積んだときに車体を水平に保つのが本来の目的なので、普通はリアの2本のみの設定になっているのだが、ローダウンしたうちのクルマにはフロントにも付けて車高調整したい。
どうせ、MS52用の設定なんてないのだから、実物を測定したうえで似たような寸法のもの購入して加工すればよい。ほんとはエアバッグを入れるのが正攻法なんだろうけど、そんな金はない。

純正ダンパーの寸法は、、、

フロント 228 348 120 90 30
リア   321 521 200 120 40
(左から 最小長 最大長 ストローク 伸び減衰力 縮み減衰力)
(単位は mm、kg/0.3m/sec)

上の値は、修理書に書いてある。下の値は実測で、、、

フロント STEM=直径9、Cross pin mounting=ボルト幅70&穴径9
リア   Cross pin mounting=ボルト幅75&穴径9、Loop mounting=幅34&穴径15

これに合いそうなマックスエアーの品番は、、、、
フロントは最小長が短すぎて合うものが無い。ダンパーの取り付け部にも加工が必要だなぁ。
リアは穴径を変えるくらいの小加工でいけそう。
もうちょっと良く考えよう。

あと、ステアリングギアボックスのオイルが空になっていることを発見。ギアオイルを入れるとシャフトのシールから漏れている。こないだ同じところをベンツで直したなぁ。工業用の汎用シールで直るかな?

<2006/1/29追記>
現車には黄色いフロントショックがついているけど、これ純正部品なのかなー?
修理書をあてにするだけでなく現物を測定するのが一番確実。
フロントはダブルウィっシュボーンでダンパーだけはずすことができるので作業は簡単。

現物測定の結果、

フロント 最小長235mm、最大長350mm、直径50mm弱
(上はブッシュが乗るところから、下はループマウントの中心まで)
型式:LOAD LEVELER FL-263N P3A82A

修理書に記載の寸法がどこからどこまで測っているのかわからんけど、同じようなモノだった。
ロードレベラーというショックはモンローにラインナップがあるようだけど、、、同じものではなさげだが。
ショックの寸法がわかったので、最も近い寸法でマウントが小改造ですみそうなMAX AIRの品番は、

フロント
MA756 最小長10.250in(260.35mm)、最大長16.375in(415.93mm)
アッパー側 S4 Stem 3/8-24 Thread(9.525mm-?)
ロアー側  LS17 Bushing & Sleeve 7/16(11.113mm) * 1-7/8(47.625mm)

リアー
MA762 最小長12.625in(320.675mm)、最大長20.625in(523.875mm)
アッパー側 XP7 Cross Pin Mounting 5/16(7.938mm) * 2-7/8(73.025mm)
ロアー側  L1 Loop Mounting 5/8(15.875mm) * 1-5/16(33.338mm)

だけど、フロントは縮み側ストロークが足らないなぁ。どうしようか?

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました