AT141:ポート研磨つづき・・・粗削り完了

前回、ハズキルーペを投入したことで快適にポート研磨ができるようになった。
本格的に切削を開始。

そもそも今回のエンジンを組もうと思ったいきさつは、
コロナハードトップを復活させるときに載せた20バルブのブラックトップ4A-Gがかったるいのもあるんだけど、やはりこれは自分のエンジンでは無いなぁ、と無意識のうちに意識?していたんだと思う。

エンジンのなかで、自分の思うようにできる部分ってポート研磨くらいじゃないかなぁ。自分の感覚と考えでできるのって。
ピストンとシリンダ間とか親メタルや子メタルのクリアランスを自分で決めたとしても基準の範囲内でのことだし。
ポート研磨をしているうちに自分のエンジンが欲しかったから今回のプロジェクトを始めたんだと思うようになってきた。

そんなことを考えながら粗削りが完了。削りすぎずスムーズに段付きを消すことをイメージ。
イイ感じにできたと思う。

研磨はどこまで仕上げようかなぁ?
鏡面にするかなぁ。流体力学的には表面がザラついていたほうが抵抗が少ない気もしてるが、、、

<Summary for overseas visitors>

I have been riding an AT141 CORONA Hardtop that is an old Japanese car produced by TOYOTA. AT141 has the 4A-GE engine. I started a project making new 4A-GE. In this post, I took a note of records such as portng with rough-finish. While porting, I started to think that it has become my engine.

主観的難易度:★☆☆☆☆(エンジン組むのは楽しい!)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました