AT141:シリンダーブロック加工の相談・・・さすがプロ!

前回、シリンダーブロックの準備が自分なりに整ったと思ったので、ボーリング加工に出すファクトリーといろいろ相談をします。先生に質問する小学生の気分です。

今回使うピストンやシリンダブロックを前にしてシリンダとのクリアランスをいくつにするかとか、ダミーヘッドやクランクキャップの締め付けをどうする、などなど、、、

今回使うCP Carrilloのピストンをたくさん使っているレース屋さんとかにもファクトリーのネットワークを使って問い合わせしてもらってクリアランスは決定!
あと、このクリアランスで組むと冷間時にああなって温間時にこうなるからとか、CPのピストンリングの素材はこうだからこれに気を付けて、みたいなことまで教えてもらって、さすがプロのノウハウは凄いと感じましたね。

ネットには出てこないリアルな話も聞きけて、
そのほかにもエンジン加工や組み立てで疑問に思っていることを教えてもらって大満足!

<Summary for overseas visitors>

I have been riding an AT141 CORONA Hardtop that is an old Japanese car produced by TOYOTA. AT141 has the 4A-GE engine. I started a project making new 4A-GE. In this post, I took a note of records such as meeting with tuning shop to specify the clearance from piston to cylinder and so on.

主観的難易度:★☆☆☆☆(梅雨が明けた。暑い!)

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました