AT141:コロナミーティング!

家から高速で一時間程度の場所で140系コロナ、60系カリーナセリカの秋季ミーティングが開催されるとの情報をネットで発見したので、AT141コロナハードトップで参加。
ミーティングへの参加は初めてですが、主催者様や参加者の方が快く受け入れてくれました!
遠くは6時間以上かけて自走されている方も。
自分のと同じハードトップもいましたよ~!

みなさんそれぞれ独自のアイデアで工夫を凝らしてますね。
↓のクルマは20バルブの4A-Gを、デスビも冷却水周りもAE111のFF状態のままで搭載してます。
当然ですが、そのままでは載りませんのでいろいろ細工してあります。
クーラー取り付けも技ありです。
エンジンルームはカスタムカーの仕上がり、3年かかったそうです!

↓のクルマはコロナハードトップの3T-GT搭載車です。
3T-GTの鬼門であるデスビや経年劣化したコンピュータの不安を払拭するためフルコン+ダイレクトイグニッションへ改造してあります。
ここまでするなら新しい年代のエンジンに載せ替えても労力はさほど変わらないですが、エンジン本体はオリジナルを尊重するというオーナーの熱意で仕上げられています。ワンオフパーツも多数!
4気筒なのに8本のツインプラグ、普通じゃないので苦労も多いと思います。

ほかにもいろいろ貴重な話を聞くことができましたね~。
最後はハードトップ2台で記念撮影。ファビュラスでゴージャス!
同じボディですが一方は純正尊重、もう片方はサーキット優先、コンセプトが違うのも面白いですねー。

とっても良いミーティングでした。
もちろん次回も参加します!
※主催者の方へ:メールいただきました。ありがとうございました。ただ、こちらからの返信がエラーで戻ってきてしまいます。
主観的満足度:★★★★★(キレイなクルマばっかりでしたね。見習おう。)
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました