AE86:ついに自走! そして不動!

0
今日こそは自走したい。
ブレーキとクラッチのフルードを入れてエア抜きをして、タイヤをつけて、、、、ついに着地。

自走で工場の外へ!
陽の光を浴びて輝いて、白いペイントが目に滲みる!
14インチのワタナベと車高の具合が良い感じで当時感を醸してますね。

そして、自走で工場の中へ戻る。
リフトにあげてマフラー、触媒を取り付け。

ミッションオイル、デフオイルを注入。
冷却水リザーブタンク取り付け、クーラントを注入。

水温センサーが刺さって無いなど若干のミスはあったが問題無し。
冷却水のエア抜きのためエンジン始動、アイドル回転速度が高いので2次エアを吸ってないかチェック中にエンジン停止!
ブローバイホースを抜いた瞬間になぜだか停止、その後はどうしても始動できず。
くだらない原因だと思うが、今日は力尽きた。
また来週。
主観的難易度:★☆☆☆☆(じっくり配線をやりかえよう。)
<全体工程>
プロジェクトスタート 2017/1/21

燃料ポンプとレベルセンダーを交換。

スターターの配線修正

エンジン始動

エンジンを降ろす 2017/2/12

部品の取り外し

鈑金塗装

パーツをビカビカに磨きながら取り付け

エンジンを搭載 2017/10/21(10ヶ月)

ミッションを搭載

ラジエータを取り付け

オイルクーラーを取り付け

エンジン始動

足回りの取り付け

冷却水、オイルの注入 ← いまここ

エンジン配線の修正

構造変更(2人→5人乗車)

車検

足回りの交換など

公道デビュー
<備忘録>
えきまにのボルトが長い?
マフラーの吊りゴム、2個
後席カーペットとリアシート後ろの部品。
リアホイールハウスのカバー、後席パネル(黄色)はAPEXのものとは違う。
助手席側カウルサイドパネル
シフトレバーのブーツ
<完了済み>
燃料ポンプの手配
フューエルレベルセンダーの手配
燃料タンクの手配
ボンネットを探す
エバポレータを探す
内装部品を探す
リアハッチを探す
マスターバッグとクラッチマスターシリンダーのガスケット
リアシートの金具
ラジオ周りの骨組み
ステアリングコラムは重ステ車のものを使う
ステアリング下のパネル
助手席側スピーカーカバー
サンバイザー左右
ホースエンド#10-45度×2個
触媒前後のガスケット
エキマニのガスケット
ホーズバンド、燃料リターンホースφ11×4個、冷却水ホースφ40×4個
時計のカバーパネル。これはストックを探したが割れていた
リアラゲッジまわりのパネル一式
シフトレバーの先っちょのブッシュ
ハブボルト
マフラーのガスケット、φ58
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました