高速有鉛

昨日、アモン自動車倶楽部主催の第7回旧社の集いを家族で見てきた。MS52クラウンで高速を80km/hで飛ばして小一時間ほど走り、インターを降りそこなって一般道を迷いながら会場に到着。途中、クラウンエイトとプレジデントとすれ違う。

駐車場にクルマを止めたら感じの良い人が「高速有鉛」をくれるという。それも2部も。雑誌やwebで紹介されていたフリーペーパーで興味を持っていたのでうれしかった。

ただ、そのときは迷って会場に着いた”出遅れ感”的なものを感じていたのだと思う。お礼を言っただけで特に話もせずに会場へ移動してしまったのは失敗だった。

それなりに展示車両を見て、子供が泣き叫ぶのを横目にビンゴゲームを楽しんだ後、家に帰ってから「高速有鉛」をめくると、渡してくれた本人が愛車と共に出ていた。当人は”ASIANVOX”の”JETSUN”さんだった。webも拝見したことがある人だ。
http://www.asahi-net.or.jp/~zu3h-sonm/

セドリックのナンバーは”神戸”だった。意外と身近な人なんだー!と思ったら急に親近感が沸いてきた。旧車が盛んなのは関東、それも、ちょっとおかしなクルマ(アメリカ寄り)は横浜と思ってたから以外だった。そういえば本人も、関西で配っているのは自分だけと言ってたな。

JETSUNさん「高速有鉛」ありがとうございました。とても楽しく読ませていただきました。
イベントで会う機会もあるだろうから、今度はゆっくり話しましょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました